おまけです
というよりまだちゃんと考えておりません 所謂工事中です ごめんなさい  
へ戻ります
取り敢えず Siteで採りあげるのをためらったJunkものを まとめてご紹介    
へ戻ります

50sPops(54年から60年まで)
50年代はほぼ後追いです。

ぼくはただロックの肩持つだけ... / 松平維秋
ニューミュージック・マガジン 1970年1月号 レターズ P124より

クリスマス ディナー・ショー 2016年
中森明菜さんが復活。

クリスマス ディナー・ショー 2015年
五木ひろしさんが三年ぶりに王座返り咲き。

クリスマス ディナー・ショー 2014年
矢沢永吉さんに続き松任谷由実さんが6万円でクリスマスディナーショー商戦に殴りこみです。

クリスマス ディナー・ショー 2013年
とうとう五木ひろしさんの牙城が崩れ落ちました。満を持して矢沢永吉さんが6万円でクリスマスディナーショー商戦に殴りこみです。

クリスマス ディナー・ショー 2012年
五木ひろしさんは相変わらず五万円を死守。ちょっと痛々しい感じも。その一方で五万円未満で 聖子さんと郷さんが積極営業。

クリスマス ディナー・ショー 2011年
五木ひろしさんは相変わらず。明菜さんの不在が寂しいですが その一方で聖子さんと郷さんの頑張りが際立っています。

クリスマス ディナー・ショー 2010年
五木ひろしさんは50,000円を堅持。もう止められないのですね...森光子さんのでんぐり返しを想起。

クリスマス ディナー・ショー 2009年
五木ひろしさんが業界最高峰の50,000円に固執する様子や 松田聖子さんと郷ひろみさんの頑張りは ちょっと痛々しいですね。

クリスマス ディナー・ショー 2008年
泉谷さん登場!!

クリスマス ディナー・ショー 2007年
五木ひろしさんの5万円が最高のようです

ウイークエンド・スーパーのカバー・ガール
ウイークエンド・スーパーの表紙を飾ったアイドルの皆さん

YouTube その2
You Tubeの中から選んでみました

100冊の本 岩波文庫
昔 偉い先生たちが「君たち未熟者は これを読みなさい」と読書の指標をご教授くださったご本です 

考える人 岩波文庫
昔 偉い先生たちが「君たち未熟者が 現代に生きるにあたっての問題や探求すべきテーマを知るには これを読みなさい」とご教授くださったものです 

「愛人・酌婦(夫)列伝」:噂の真相 一行情報より
ママさんやお姉さんにお嬢ちゃんの晴れ姿です (何故かお兄ちゃんも...)

CD Collection
とりあえず CDの整理を始めました 定番のものばかりです 

蹲る骨(イアン・ランキン著)に登場する音楽
音楽プロデューサーやミュージシャンが登場するので 音楽も80年代や90年代の今様ものが多くなりました ただリーバス警部の懐古趣味は変らずというところ 

首吊りの庭(イアン・ランキン著)に登場する音楽
ある日のリーバス警部の音楽生活 ヴァン・モリソンのアストラル・ウィークスを途中まで聞いて ボウイのアラジン・セインに替え A面が終わったあとザ・フーのクアドロフィニアへ 

黒と青(イアン・ランキン著)に登場する音楽
リーバス警部は ビニール付きのフリーク・アウト!やバナナシールを剥していないヴェルヴェットにモノラルのサージェント・ペパーズを持っている様です ただワイト島のコンサートには行けなかったようです 

死せる魂(イアン・ランキン著)に登場する音楽
かなりのRock通もたじたじの楽曲が登場 ちょっと濃すぎる内容で 私は降参です 
リーバス警部はスコットランドのエジンバラが拠点 やはり英国ものが中心です 

取上げなかった曲
なぜか「この人達のこの曲」で取上げなかった曲です 
聞き飽きた曲などです 決して大嫌いな曲ばかりという訳ではありません 

Group Soundsの話
「この人達のこの曲」に入れるつもりでしたが 何かしっくりしなかったので逡巡してしまったものです
過剰感のあるGroupや洋楽の代用品みたいなGroupが好きでした

NEW MUSIC MAGAZINE 71年4月号と78年1月号のロック・アルバム100選
60年代末期は まだまだ洋楽の情報は乏しく Psychedelicものなどは Music Life星加アイドル路線に物足りなさを感じておりました そこへ登場したのが中村とうよう翁のNew Music Magazineでした ただこの雑誌は Popsセンスに欠け なんか「田舎の青年が情報が少ないゆえ過激に走る」という傾向に近いものがありましたね 

これが最高! TOP 100 ALBUMS (英米及び日本)
英米と日本での人気の違いが面白いです 日本でのBuddy HollyやThe Whoの人気の低さが面白いですね あと英国の評論家が多いのか Clashの評価高いですね 

Everybody's Choice(各界著名人の選んだロックベスト10) 1979年
山下達郎さんは今と変りませんね 色々新しい音に刺激を受ける事はないんでしょうか?凄いです 渋谷さんは この時期旬の音が中心の選択 糸井さんや近田さんとか酒井さんは所謂流行もの その後の仕事振りが現われていますね 

おまけのおまけ画像(その1)
我が家の庭の花などの写真を取り敢えず載せてみました

おまけのおまけ画像(その2)
古い写真を取り敢えず載せてみました

森喜朗コレクション
一世を風靡した「サメの脳みそ」「ノミの心臓」「下半身はオットセイ」をまとめたものです 

東京ペログリ日記
田中康夫さんのPG回数です 知事さんになって記録がなくなったのでこちらに移しました

オール・グループサウンズ名鑑(1967年 平凡10月号第2付録)
グループサウンズの皆さんの趣味などをまとめたものです おいおい本当かよ!!というのもそのまま載せておきます  

噂の真相 Photo Scandal写真集
噂の真相のPhoto Scandalの写真です